美容形成外科でアピールした医療の資格以外のこと

美容形成外科でアピールした医療の資格以外のこと

美容形成外科でアピールした医療の資格以外のこと

「美を保つには、医療の技術も大切ですが、自らの努力も必要だと思っています」と、面接で堂々と断言した私は、この言葉を評価していただくことができ、面接に合格することができました。これは、今働いている美容形成外科に就職をするときに行った面接での出来事です。私は今、美容形成外科の受付で働いています。私がここで働こうと思ったきっかけは、自分自身が美容形成外科に通院していた経験があるからです。私は過去に、幾度かの整形手術を受けた経験がありました。1度目は高校2年生のとき、一重だった瞼を切って縫い合わせ、二重にするプチ整形を行いました。2度目は高校3年生のとき、少しばかり低めだった鼻に専用の鉄を入れて、その鼻筋を作りました。3度目は大学に進学をしたとき、気になっていたえらを治そうと、その骨を削ってもらいました。こうして私は、自分ではどうにもならないパーツについては、医療の技術を使って、整形を行ってきたのです。そんな私は、自分での努力も忘れませんでした。スキンケアやヘアケアを行い、スポーツも忘れることなく、また、その疲れた体を癒すためのボディマッサージも行っていました。そうして私は、整形して手に入れた自分の美を守ってきたのです。自分に美を与えてくれた美容形成外科で働きたいと思った私は、医療の資格の1つである医療事務の資格を取得することで、この美容形成外科の受付の面接を受けることができたのでした。その面接で私は、医療の資格を取得していることをアピールした上で、自分の行ってきた美に対する努力についても伝えました。そしてその熱意を受け止めていただくことができ、私は今、美容形成外科の受付で働くことができているのです。ここで働いていると、私のように美を求めてこられる患者様がいらっしゃり、医師の技術によって自信を持った顔を見ると、私も嬉しくなってしまいます。美容形成外科に勤めることができて、本当によかったです。

■注目の情報

Copyright (C)2014美容形成外科でアピールした医療の資格以外のこと.All rights reserved.